リフォーム業者の選び方のおすすめ。リフォームはお家のことですので、大変お金がかかります。だから失敗は絶対に許されない!管理人も注文住宅で自宅を建てましたので、業者選びの大変さは分かっています。コチラでは失敗しない業者選びを紹介しています!

新築住宅やマンションの入居後の注意点

 

新築住宅やマンションの入居後の注意点

 

 

~新築住宅~

 

せっかく新品を買ったのに不具合が……というのはどんな買い物にもあること。

入居後の不具合は早期発見を心がけ、被害を最小限に抑えましょう

内覧会で異常がなくても

入居後のチェックポイントは、基本的に内覧会で確認することと同じですが、実際にし始めてから気付くことも少なくありません。

入居してしばらくの間は、「どこかに不具合はないか?」と意識的に考えながら生活しましょう。

もし不具合が見つかったら、すぐに売り主かアフターケアの連絡先に問い合わせてください。

各所の建具、水廻り関係などはマンションも一戸建てもほぼ同じ状況なので、それぞれ異常がないかどうか口々気を付けておきます。

建具の留め金が緩んだり、水もれが少しずつ進行したりと、時間の経過によって生じる不具合は内覧会では発見することができません。

 

 

 

木材の伸び縮みに注意

 

マンションのフローリングは木材なので多少伸縮しますが、ギシギシと大きく鳴ったり、目に見えてわかるすき間ができていたりしたら、施工が原因かもしれません。

そのほか、マンション全体の哲理状況なども随時チェックしましよう。

 

 

ある程度のメンテは自分で

 

一戸建てはマンションと違って敷地内すべてが所有ですから、家の外壁や屋根、庭などの外構も見ておきます。

また、当然ながらマンションのような修絡費の租立はないので、最低限のメンテナンス方法を学んでおくことも、一戸建てマイホームのオーナーたる主任といえます。