リフォーム業者の選び方のおすすめ。リフォームはお家のことですので、大変お金がかかります。だから失敗は絶対に許されない!管理人も注文住宅で自宅を建てましたので、業者選びの大変さは分かっています。コチラでは失敗しない業者選びを紹介しています!

家の贈与税や相続税はいくらくらい?

家の贈与税や相続税はいくらくらい?

 

家を譲り受けたら相続税と贈与税を確認

新築や購入のほかに、親の家をもらってマイホームとするケースもありますその場合、どのような税金が必要になるのかを見てみましょう。

 

 

超豪邸でなければ相続税はかからない

 

相続税と贈与税の違い

 

譲渡によってマイホームを取得した場介、関係してくる税金は相続税と贈与税です。

「相絲と贈与は財産が譲渡される」という意味では同じですが、もちろん異なる行為です。

だからこそ、税金が別々に規定されているわけです。

そして、相絲税と贈与税の内容にはかなり違いがあります。

 

大きな控除でほぼ非課税?

相続は、誰かが死亡した際その人の財蛮を相続人が受け継ぐことです。

故人や相続人の意思に関係なく、法律として施行されます。

その相続される財産について、相続人にかかるのが相続税で、財産や相続人の状況などにより税額が決定されます。

ただ、相続税には?礎控除の5000万丨リなど大幅な控除があり、よほど“額な??を相続しない限り課税されません。平均的な住居の相続なら、相続税はほぼゼロと考えてよいでしよう。

 
贈与税は控除額が少ない

 

一方、贈与税は基礎控除が110万円と相続税に比べてとても少なく、家を贈与されたときはほとんどの?合課税されます。もともと贈与税は相続税の逃げ道としての屯前贈なに対する措?として生まれたものなので、控除額が少ないのは、当然なのです。

もし、親から家そのものの贈与でなくマイホームを持つための“現金”の贈与を受けたときは、相続時精算課税制度と住宅収得等資金に係る特例を受けると、3500万円までは課税されないことになっています。